logo

Panel Session

Legal Basics and Tips for Startup Funding

author_img

Ayumi Ode on 6/2/2022

The Japan Chapter of Columbia Venture Community (CVC) hosted a virtual session with Ryoichi Kaneko, Partner at Anderson Mori & Tomotsune and Ryo Muramatsu, Corporate Venturing Co-Lead at Tokio Marine Innovation Lab Silicon Valley. In this virtual session, we introduced the basics and tips on the startup funding from a legal perspective, especially focusing on:

- Outline and key points of the essential steps in the funding process (including valuation, term sheet, due diligence, and negotiation)
- Overview of investment term sheets by featuring: the relation with the other major steps of the funding process and the shareholders agreement
- Comparison of the approach and viewpoint in startup funding between Japan and the US


コロンビアベンチャーコミュニティ・ジャパンチャプター(CVC Japan)では、アンダーソン・毛利・友常法律事務所 外国法共同事業のパートナー弁護士である金子涼一氏と東京海上イノベーションラボ・シリコンバレーのコーポレートベンチャーリング共同リードである村松亮氏にお話頂きました。本オンラインセッションでは、スタートアップの資金調達について、特に以下のトピックに注目しつつ、法務の観点からの基本とアドバイスをご紹介しました。


- 資金調達プロセスの主要なステップについての概観と留意点(バリュエーション、タームシート、デュー・ディリジェンス、契約交渉等)
- 資金調達と投資契約のタームシート(資金調達のプロセスにおける他のステップおよび株主間契約との関係を中心)
- スタートアップの資金調達に関する日米のアプローチと視点の違い


Featured Speakers

Picture1.jpg

Ryoichi Kaneko | Partner at Anderson Mori & Tomotsune

Ryoichi Kaneko has extensive experience notably in M&A, private equity, venture capital, and startup law. In the startup space, Mr. Kaneko provides practical advice in startup investment for a broad range of domestic and international VCs and companies (including CVCs) and also supports various startups on legal issues such as corporate, labor and intellectual property. Through his work at the leading law firms in London and Madrid, Mr. Kaneko has the distinct strength in advising to international clients on the business in Japan.


金子 涼一(かねこ りょういち)|
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 外国法共同事業 パートナー弁護士

金子涼一弁護士は、M&A、プライベート・エクイティ、ベンチャー・キャピタル及びスタートアップ法務に関して、特に豊富かつ幅広い経験を有しております。国内外の多様なベンチャー・キャピタル、事業会社やCVCに対してスタートアップ投資に関する実務的な助言を行うほか、多くのスタートアップにも様々な法務相談(会社法、労働法、知的財産法等)を通じてサポートを提供しています。また、英国及びスペインの大手法律事務所での実務経験があり、日本国外のクライアントに対する日本でのビジネスに関する法的助言にも特に強みを有しております。


DSC09471.jpeg

Ryo Muramatsu | Corporate Venturing Co-Lead at Tokio Marine Innovation Lab Silicon Valley

Ryo is a Corporate Venturing Co-Lead at Tokio Marine Innovation Lab Silicon Valley, where he works on seed and early stage startup investments. Prior to that, Ryo worked as an attorney at Anderson Mori & Tomotsune, one of Japan's leading law firms, where he handled startup investments and startup M&A. He holds a law degree from the University of Tokyo, a J.D. from Waseda Law School, an LLM degree from Columbia Law School, and is admitted to the NY State Bar.


⁠村松亮 | 東京海上イノベーションラボシリコンバレー コーポレートベンチャーリング共同リード

東京海上ホールディングス株式会社のイノベーション探索施設であるイノベーションラボのシリコンバレーオフィスに所属。同オフィスにおいて、東京海上ホールディングスのCVCであるTokio Marine Future Fundへの専従要員として、主に米国のシードからアーリーステージのスタートアップへの投資業務(ソーシング・デューディリジェンス・投資メモの作成等)に従事している。東京海上ホールディングスでの勤務以前は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所において、弁護士として、スタートアップ投資契約のドラフト及びレビュー(VC側及びスタートアップ側の双方)等に従事。